キャンペーン案内

#LifeIsMeantForLiving…人生は生きるためにある… は、バイエルによる前立腺がん啓発キャンペーンです。11月の男性がん啓発月間に合わせて日本を含む多くの国と地域で一斉に開始します。このキャンペーンは、前立腺がん患者さんとその愛する人たちだけではなく社会全体に対して、患者さんや家族の体験を共有することで、前立腺がんについて知るきっかけや、がんになっても自分らしく生きていくことの重要性を考える機会になることを目的としています。

Life is Meant For Living

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.


患者さんたちからのメッセージ

#LifeIsMeantForLiving…人生は生きるためにある… は、患者さんが人生を謳歌し最大限に生きることの重要性にスポットライトをあてます。

(各画像をクリックすると拡大表示されます)

前立腺がんのおかげで、私はより思慮に満ちた深い暮らしをするようになり、同時に、小さいシンプルなことを楽しむことができるようになりました。それは、以前は分からなかった自分の存在意義を示してくれました。
- スペイン、ホセさん

またがんによって失うものもあることを学びました : 早期に退職しなければならなかった上に、数年経った今日でさえ、後遺症の不安定と影響が私の人生に変化を与え続け、QOL(生活の質)と活力を低下させています。
- スペイン、ホセさん

前立腺がんと診断された方はどなたにとっても、ご存じのようにそれは人生の終わりではなく、皆さんはその過程で多くの勇気ある知識を持った人々と出会うことになるでしょう。
- カナダ、バリーさん

誰かが言った言葉に、がんは宣告ではなく一つの言葉であるという言葉があります。この感情には希望と楽観が感じられますが、あなたが最初に「前立腺にがんがある」という言葉を聞くとき、寿命が短くなる以外のことを考えることは困難なのです。
- オーストラリア、イアンさん

父は2018年に前立腺がんと診断されました。父と別の州で暮らしていることが、側に居たり、父と私の家族をサポートすることを難しくしています。もっと側に居られたらいいと思います。
- オーストラリア、ミシェルさん

父は2018年に前立腺がんと診断されました。離れているにもかかわらず、そのことが私と家族の距離を近づけました。定期的に電話をして父の様子を見ていますし、 FaceTime を頻繁に使っているので、孫たちも父に会っています。
- オーストラリア、ミシェルさん

病気にうまく対処するには、サポートを受け、そして自分自身をサポートすることが必要です。家族や友人の存在は、私の精神力を高めるために不可欠でした。
- フランス、クリストフさん

人生を大切にする。これは、新しい仕事のために雇われたその日、同じ日に前立腺がんと診断されて驚いて以来、私の心に留めているメッセージです。悲しみと喜びの感情が混ざり合っていました。今でも治療を続けています。私は神、妻、娘、そして私の上司に、私を支援してくれたことを感謝しています。
- ブラジル、セルジオさん

私は前立腺がんの症状や治療による副作用がなく、仕事を続けることができています。家族とその支援のおかげで、私は前立腺がんであることを恐れていません。
- 台湾、パンさん

前立腺がんと診断されたものの、私は微笑みながらそれに向かい合います。私は主治医を信頼しています。私はより長く生きて、私の息子の結婚式で彼の手を握る機会があることを信じます。
- 台湾、Yuさん

がんの診断に負けるわけにはいきません。「暗闇の後には常に夜明けが続く」という言葉がありますが、私の 24 年の前立腺がんの旅路では確かにそれは真実でした。私の人生の目的は、この病気に立ち向かう男性たちが、決して希望を諦めないことや、前立腺がんと闘う新しい方法を研究する医師を信じ続けることを、思い起こさせることだと信じています。
- 米国、マークさん

私は診断によって、他の前立腺がん患者さん達を助けるための内面的強さと大きな決意を与えられました。
- シンガポール、Hengさん

父は今、自分の健康を注意深く監視し、皆に同じことをするように思い出させています。毎日2回歩いて食料品を手に入れることで、日々積極的に暮らしています。12人の孫達と時間を過ごすのも好きです。人生はまだ豊かで、彼はそれを最大限に生きています。
- シンガポール、ロウさん

前立腺がんの一部の症状は、父の生活の質に悪影響を与えました。また、たくさん通院することに時間を費やしました。このような障害を管理するには、状況とその管理を理解することに積極的に関心を持つことが重要です。
- シンガポール、ロウさん

専門家に前立腺生検の陽性結果を伝えられた日、私の世界は崩壊しました。10年が経ち、私は、がんはもはや宣告ではなく、人生は続き、それもあらゆることに関わらずかなり上手く続いていると言うことができます。
- イタリア、ジュゼッペさん

早期発見のがん診断を受けたことで、私は生活の質を変えない治療法を選択するゆとりを得ることができました。
- イタリア、Cosimoさん